医療法人 徳昌会

あきやま医院 内科

在宅医療~家庭医療・プライマリケアの視点から~

2018年2月2日

平成29年12月21日(木)に当院の医師「野澤つばさ」による、
在宅医療についての勉強会を開催しました。
・プライマリケアの定義
・家庭医療のACCCA、ACCCC
・地域医療の5の軸
etc……

在宅診療について

2017年8月17日

在宅診療は、お一人で通院が困難な患者様のもとに、医師が定期的な診療にお伺いし、計画的に治療・看護・健康管理等を行うものです。定期訪問に加え、緊急時には必要に応じて365日24時間の臨時往診や入院先の手配なども行います。
訪問診療の目的は病気の治療だけではありません。転倒や寝たきりの予防、肺炎や褥瘡(床ずれ)などの予防、 栄養状態の管理など、予測されるリスクを回避し、患者様の生活をより快適なものとする重要な役割も担います。
あきやま医院では訪問リハビリも実施しており、在宅診療と組み合わせてご利用頂く事で、患者様により効果的なリハビリと医療を提供することも可能となります。

【 あきやま医院の在宅診療の特徴 】
1.家庭医療専門医により患者様に関わるすべての問題を包括的に対応
2.専門性の高い診療が必要な場合は、当院から専門医の紹介を行い、
専門医と連携した医療を提供
3.訪問リハビリと組み合わせ利用する事で、より効果の高い医療、リハビリを提供
4.緊急時は24時間、365日対応
5.患者様、ご家族様のニーズに向き合った医療方針にて対応
6.看取り、終末期、緩和ケアにも対応看取り、終末期、緩和ケアまで行います。