こんにちは事務長の杉野です。
本日はあいにくの雨、地面やフロアーが大変滑りやすくなっているので、転倒しないようにしてください。
今日はこの夏に流行すると予想された『おたふくかぜ』の話です。

おたふくかぜ流行、今夏にかけて多いと予想- 感染研

患者報告数が高止まりしている流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)について、国立感染症研究所は27日までに、前回の流行(2010-11年)に次ぐ流行状態となっているとの見解を明らかにしました。同研究所は今夏にかけて患者が多い状態が続くと予想。「流行状況、発生動向に注意が必要」としています。
流行性耳下腺炎は、ムンプスウイルスの感染によって耳下腺が腫れる感染症。気道を介して飛沫感染します。潜伏期は2-3週間。物をかむ時にあごが痛むことが多く合併症としては、髄膜炎や脳炎、膵炎、難聴などがあります。発熱には鎮痛解熱剤の投与を行うなど、治療は基本的に対症療法で、ワクチンの接種が有効な予防方法とされています。4-5年間隔で大きな流行を繰り返す傾向があります。同研究所によると、6月6日から12日までの週の全国の患者報告数(小児科定点医療機関約3000カ所)は、定点当たり0.94人。過去3年間の同時期の報告数を大きく上回っており、過去10年間の同時期と比較した場合でも「流行した06年(1.76人)と10年(1.31人)に次いで高い水準」としています。この週を含む直近の5週間の都道府県別の患者報告数にも触れ、「定点当たりの累積報告数の上位5位は宮崎、山形、佐賀、鹿児島、石川であった」と説明。年齢別では、3-7歳が全体の66%を占め、5歳が最も多かったと報告されています。
感染症予防には「何をいまさら」と思われるかもしれませんが、うがい・手洗い・マスクの着用が大変有効です。また当院にも出入り口に設置されていますが、人の多く集まる場所ではアルコール消毒も効果的とされています。
感染症予防をして素敵な夏が過ごせますように。